鹿調査

2009年1月20日(水)曇り
早めの夕食を済ませて冬季に行っている自然クラブのシカ頭数調査に行く予定です。調査方法は車の中から強力ライトを照らして頭数調査をするのですが、窓を全開にして行う仕事ですから防寒対策をしっかりしていかないと身体が冷えてしまいます。雪が降ったあとなので、かなりのシカ達が里に降りてきていると思います。外に出て頭数を数えることもあるので転ばないように凍結に注意ですね。ライトを照らすとシカがライトの方を見ます。するとシカの目が光る。その光る目玉で一頭、二頭、三頭、とカウント。結構、原始的作業かも?(笑) 野鳥の生息調査も同じようなことをして数えているんですよ。機械では無理な為、人間が行う地味な作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です