イラスト 「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
  
2000年11月12日 「清里開拓の道ウォーク」
日本ウオ−キング協会後援、JVA公認の大会です。清里の開拓の歴史にふれ、健康とコミュニケーションを育むフロンティアウォークに参加してきました。
こは6キロコ−スの受付です、暇そうに見えますか? この写真見ていると、そう見えますね。でも、それは違うのです。さっきまで大忙しだったんです。
私の到着が遅かったのでのでほとんどの方は手続きが終わっていました。もう、一仕事した後の写真です。ちゃんちゃん!
「さぁ〜、美味しい地元の牛乳ですよ!飲んで、頑張ってください。」
とっても素敵な笑顔のお兄さんは大忙しです。並んでいた皆さんに牛乳を差し出していました。無料の美味しい牛乳を3杯飲んだ人がいらっしゃいましたが・・・、
後でおなかが痛くならなかったか?人ごとですが心配になりました。
丘の公園のグランドで出発式が行われました。
420人近い人たちに大きな声を張り上げて事務局のペアハットさんが頑張っています。
「コースごとに並んでください。」「右から6キロ、13キロ、18キロ」「え〜〜聞こえていますか〜?」
「八ヶ岳歩こう会の方々は一番前に並んでください。」「藤沢から、歩こう会の方が参加してくださいました。」・・・その他いろいろ!
(財)丘の公園管理公社支配人 挨拶!
八ヶ岳歩こう会会長 紹介!
八ヶ岳活性化研究会会長 紹介!
この後、歩こう会の田中さんによる準備体操がありました。
体をほぐしてさぁ〜出発です。
最初に18キロの人達から歩き出して・・・、次は13キロ、そして最後は6キロという順番です。
最初は団子状態ですから皆さんおしゃべりしながら歩いています。
お天気に恵まれて今日はウォーク日和です。
いきなりの上り坂に「はぁ〜はぁ〜」息を切らして登っていました・・。ファイト!ファイト!
これから清里の上に向かって歩いていきます。前のグループと間があいているのはコースの違いでしょうか?
皆さん軽やかに歩いているでしょう?
黙々歩いている人もいれば・・・、ピイチク、パアチク、おしゃべりに夢中なご婦人も・・・。
この場所は、踏切をわたった遊歩道。綺麗に見える舗装道路は最近出来た清里高原有料道路です。この手前で6キロコースの人達とお別れしました。分岐点からここを歩くのは13キロ、18キロのみです。少し先を右に曲がり林のコースに入ります。
紅葉の葉っぱは落ちてしまいましたが素敵なところでしょう?追い越しは難しい場所ですね!中は狭いので1人づつ並んで歩くようになります。皆さん同じペースで仲良く・・・。女性の皆さんは歌を歌いながら楽しそうに歩いていました。
清泉寮のキープファームショップに到着!
おトイレ休憩、一息入れてから又頑張って歩きましょうね!
みんなが休憩しているもんですから・・・。前にも後ろにも人影がありません。私一人で鼻歌を歌いながら歩きました。(素敵な道でも、さすがに誰もいないと怖い。)後ろから「ワッ!」なんてされたらビックリですね。
八ヶ岳ふれあいセンターのところで13キロ組と別れ、八ヶ岳高原有料道路を渡り、美し森に向かって歩きました。美しの森駐車場までは登りのきつい道に汗が噴き出しました。きつい登りはひとまず終わり、美しの森信号から少し歩くとサイクリングロードの入り口があります。ここからは下りですがクネクネした道をしばらく歩かなくてはなりません。
ただ黙々と歩く3人の女性グループ!何を考えて歩いているのでしょう?
「今日のウォークが終わったら買い物して帰ろうかしら?」それとも「今日の晩ご飯はなんにしようかしら?」お昼を過ぎていましたから「お腹が空いたわ〜どこでお昼を食べようかしら?」なんて・・・。
私も実はお腹が減っていたんです。
お昼のお奨め!ベンチがあって丁度いい場所でしょ!
川沿いのお散歩道です。18キロコースにはこの辺が限界?萌木の村まではお腹の方がもちませんでした。満足したお顔でしょう〜?
萌木の村に向かって歩いていく皆さんです。
おーい、お腹の方は大丈夫?芝生の所まで頑張るのかも?あと15分程歩けば萌木の村に着きますよ。
一番後ろは13キロの「後追い隊」2名。18キロ組と13キロ組が混ざったようですね。
やっとありつけた美味しいお弁当、幸せを感じる瞬間かも知れませんね!お腹が空いているとイライラするし・・・、力も出ませんよ!これで又、頑張れます。
自然と笑顔が出てきます。頑張った後のお弁当は最高ですよね!
「し・あ・わ・せ・」満足して、とてもいいお顔です。みんなで、はいポーズ!
あら、いや〜ん、写すんだったらメイクしなくちゃ〜。
デモ、大丈夫よ!私達○○がいいから・・・。
モデルになったつもりで決めましょ!
サァ〜どうぞ写してください。
とは言ってないですが・・・、素敵な皆さんでした。
芝生での楽しいお弁当も食べ終わりました。お腹もいっぱいになり、残りのコースをもう少し頑張りましょう。
木の右側はホールオブホールズです。
途中で、石碑を見つけました。
ここは八ヶ岳分教場跡なんですって?
清里には2人の開拓の父がいらっしゃるそうです。開墾、農業指導と開拓者と共に生き、八ヶ岳教場の建設にも尽くした安池興男氏がその一人です。ここの公民館は、興民館と書きます。氏を忘れない為とか。それほど清里の方にとっては、とても大切なお方だったんですね。
ここからの道は、開拓の人達の大切な道な為、普段は一般の人が歩かない道らしいですよ。
その大切な道を今回は歩かせて頂きます。昔、苦労された方に感謝しながら残りの2キロあまりを味わって歩きます。
後ろを振り向くと・・・、開拓の人が?
いや〜違いました。
なんだかこの道は雰囲気がありますね!
昔の人はここの荒れ地を耕しながらどんなことを考え・・・、そして思ったんでしょうか?
泣きたいくらい大変だったんでしょうね、想像する事しかできません。
あと、1キロの看板にホッっとする私。 
もう少しです、ここを登っていくとどんな道があるのでしょう?自分にファイト!
この看板が私に頑張れって言ってるような気がします。右足が少し痛い! さっき小石に足を取られたからかも?帰ったら湿布をしなくては・・・。
この坂をリヤカーでいろんな荷物を載せて運んだのでしょう?引く人と押す人が力を会わせないと無理ですね。
この道は急坂です、大変な労働と痩せた土地。寒さとの戦い。今よりも寒かったと聞きます。条件は最悪に近かったのでしょうか?自然は大切ですが、昔の方はそれで苦労されたから・・・、便利な今の方がいいのかお聞きしたいです。

開拓の道でお逢いした方と一緒になりました。
この道を歩いていたとき、気が付いたんです。道路の中央に此の道標が目に入りました。間隔をあけて印が埋めてありました。右側は開拓の土地、左は分譲地みたいでした。
上の写真を見て下さい、手前が分譲地だと思います?向こうは開拓の土地なんでしょうか?
此の道標がなくなってしばらく歩いたらゴール!
到着しました、先に着いた方たちが談笑しています。歩き終えた開放感と満足感が話を弾ませます。
ね〜、どんな感想ですか?
3人のファミリーが楽しそうにしていましたからスナップを撮らせて頂きました。
そこで問題です、お子さんは最後まで自分で歩いたでしょうか?パパかママに抱っこして貰ったでしょうか?
正解者には○○のご褒美を差し上げます。
此の大会にはワンちゃんも参加したそうですよ。
なかなか此方を向いてくれませんが飼い主さんはとってもいい笑顔をみせてくれました
ど〜う!皆さん沢山飲まれました?
は〜い、皆さん美味しいと行って飲んでくださいましたよ!
とても感じの良いお兄さんです。
こちらの方も、いい笑顔で写真に入ってくれました。
売れました? はい、有り難うございます。
皆さんに評判良かったんですよ〜
受付の方たちは登録者のチェックをしてから完歩証の授与していました。
3時近くなっていましたからじっとしていると寒いです。足踏みをしながら頑張っていましたよ、ご苦労様でした。
頑張りましたウォーク参加の最後の皆さんを、歩こう会の「後追い隊」がお連れしましたよ!
みんなでお出迎えです。パチッ、パチッ、パチッ、お帰りなさい。18キロ「後追い隊」の到着です。ご苦労様でした!
大任を仰せつかり、最後まで仕事したスタッフに拍手! お疲れさま、そしてご苦労様でした!。満足感が顔に出ていますね!
後ろでは、撤収した看板が・・・。
みんなの協力のもと、分担して出来た大イベントです。関係者の皆さん、大成功ですよね〜、それではお手を拝借、シャンシャンシャン!
お疲れさまでした。今日はぐっすり眠れそうです。歩き終えて私も嬉しくなりました。
このページのトップへ

▲きママなウォーキングへ