魚ZENZOW(大泉)

「昨日のメニューは使わねぇ!」

本年(2008年)3月24日にオープン以来連日の超満員で、予約をしないと入れません。はやくも八ヶ岳の伝説店の一つとなってしまった感のある海鮮・旬菜・創作理料の店「魚やZENZOW」。それもそのハズ、オーナーは清里で店を開いていた時からの人気シェフ、鈴木全(あきら)さん。お客さんはシェフの人柄に魅せられて集まるのです。ここに店を移してからは以前より一層繁盛してますがその理由は、店構えと店内に工夫を凝らしているのもポイントが高いですが、なにより「立地」が以前の店よりあきらさんの料理に適していたと筆者はみました。
観光地でありながら、住民や別荘族も通いやすい立地。そしてそこで確実に彼らから高い評価を獲得する料理の腕前は言わずもがな。

店のウリは「横浜中央市場直送の魚」が食べられる、ということです。
ナニ?八ヶ岳で魚だぁ?一体どんなもんじゃいと思う貴方、認識を改めてください。
日本中から海の珍味が集まる横浜中央市場に彼の息のかかったオ兄サンが働いているのです。オ兄サンはあきらさんのために、毎朝あがったばかりの魚介を選りすぐって箱に詰め、すばやく八ヶ岳まで送ります。その日の午後にはZENZOWに届きます。「浜の魚河岸便」です。箱をあけてみないと中身は分かりません。ここからがあきらさんの腕の見せ所。入っているものに合わせて、一番美味い料理を創作し、その日のメニューにつくりあげます。ですからメニューは毎晩違います。お客さんは店に入るとその日の日付の入ったメニューを渡されて驚きます。だからこの記事のサブタイトルは「昨日のメニューは使わねぇ」なんです。 あ、あきらさんはこんな汚い言葉使いはいたしません。筆者が勝手に許可を得てサブタイトルにしてしまいました。


最近ランチも始めましたが、ランチは今の所予約無しでもOKです。
ランチも定番メニューとその日の「まかないランチ」があるので楽しみです。奥様と数名のスタッフでやっているが皆息があっていて、忙しく働いている姿を見ているだけで心地よい。「ご新規○名様で?す」と店から呼ばわると調理場の方から「ウィ??」という元気な声がかえってくるのも浜の市場の雰囲気が出ていて愉快。もっと愉快でこだわっているなぁと感じたのが、取材した日に出されたインスタントコーヒー。注文した「まかないランチ」に「インスタントコーヒー付き」と書いてあったのがこれまた愉快だったので「なんで?」と訪ねたらカウンターにピッタリ置けるコーヒーマシンがなかなか見つからないので、と奥様が照れたように笑って話された。気に入った!ナイスですヨその感性。
実にヒトを食った新鮮なアイデアだ。こういうのを面白がる種族はこの立地なら多いハズ。残念ながらコーヒーマシンは近々入ってしまうそうです。皆さん、今の内ですよ、ランチセットの「インスタントコーヒー」を飲めるのは!            (S.Taga)

・メニュー例
ランチ/まぐろ漬け丼 よくばり丼 まかないランチ 本日の刺身定食
夜定番/じゃがいもとイカスミの創作コロッケ 天然真鯛のカマ焼き  黒ゴマ豆腐
・営業時間/ランチ11:30から14:00
夜18:00から23:00(22:00ラストオーダー)
・定休日/日曜日
・住所/大泉町西井出8240-6989
・電話/0551-38-3077(夜はなるべく予約を)
・関連情報/ http://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19004798/