八ヶ岳美味紹介

メールマガジン[八ケ岳通信] に掲載されたお店の紹介ブログです。

この画面は、簡易表示です

カフェ・ティールーム

カフェ ピアニッシモ(cafe Pianissimo)

2011年7月20日にリニューアルオープンしました。場所はレインボーラインの「小泉小学校北」の信号から小淵沢方面へ400m、電柱の看板を目印に、左折して100m先の赤い屋根のお店です。すてきなお母さんと娘さんとでやっておられます。
定番のオレンジケーキ以外はメニューを一新。お野菜を中心としたお食事と、てんさい糖を使ったケーキなどを提供しています。
林の中の一軒家で、店の両脇には小川が流れています。静かな空間で、自然がつくりだす景観や音を楽しめます。南面には大きなデッキがあり、夏は自然を身近に楽しみながらお茶やケーキなどをいただくことができます。またペット連れの方はこのデッキ席でペットとともに過ごすこともできます。
お食事のメニューは「気まぐれプレート」と「トマトのベジキーマカレー」「高野豆腐チャーシューのベジラーメン」。
ヘルシーなメニューで特に女性客に好評を博しているそうです。
店内には、自然食品や麻の衣、大豆でできたソイキャンドル、手づくりの雑貨など、さまざまな商品も並んでいて、買い求めることもできます。
オレンジケーキやバナナのチーズケーキなど、テイクアウトも可能。ゆっくり、のんびり、お客様にくつろいでいただけるお店であることをモットーに日夜がんばっておられます。ぜひ一度訪れてみて下さい。

・所在地/山梨県北杜市長坂町白井沢4050-2
・電話/0551-32-7762
・営業時間/10:00から20:00(冬季の夜営業は予約制)
・定休日/毎週火曜日(臨時休業あり。詳細はお問い合わせください。)
・ホームページ/ http://cafe-pianissimo.petit.cc/



和蔵珈琲店

八ケ岳南麓に又、ひとつ隠れた田舎カフェがオープンしました。場所は北杜市長坂町と小淵沢町のちょど境あたり、大井ケ森の森の中です。
外観は落ち着いた古民家の雰囲気で、建具もみんな実際に使われていた建具を古道具屋さんで購入して取り付けたものです。
店内の雰囲気も床が土間になっており、南側の大きな窓に向かって座るカウンター席と室内のテーブル席、晴れたときは外の三和土に置かれたテーブルでお茶も出来るようになっており、まるで田舎の親戚の家に遊びに来たといった雰囲気でお茶が楽しめます。
メニューも自家焙煎した「オリジナルブレンドコーヒー(八ケ岳コーヒー、大井ケ森コーヒー他)」をはじめ「和・洋おやつ」が豊富で、ランチは 「お任せサンドイッチセット」等、工夫されたメニューが並んでいます。

オーナーの久野さんご夫婦は愛知県から移住されてこられたばかりで、サラリーマン生活に区切りをつけ第二の人生をここ八ケ岳で過ごされる拠点としてこの「和蔵珈琲店」を始められたそうです。
大人がゆっくり楽しめる古民家風田舎カフェ「和蔵珈琲店」お薦めですよ。(Hatakenaka)

・住所/〒408-0032 山梨県北杜市長坂町大井ケ森1176-187
・問い合わせ/TEL 0551-32-2005
・営業時間/10時から17時
・定休日/4月から10月 毎週月曜日(祭日は翌日休日) 11月から3月 毎週月曜日から水曜日
・関連情報/ http://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19006476/



コマチンカフェ

「コマチンカフェ」という、何だか変てこな名前のカフェが、日野春駅前にオープンしました。オーナーは清里の人気カレー店「アウル」の島村さんご夫婦です。そう、このカフェは「アウル」の姉妹店としてオープンしました。

元は地元のお寿司屋さんだったのですが数年前から店を閉じていました。そこを島村さんご夫婦が買い取り、デザイナーでもあるご主人を中心に自ら改装したお店です。

「コマチンカフェ」という一風変わった店の名前は島村さんの奥様のお祖父様の「小松屋鎮左衛門」という名前に由来しています。
コマチンカフェの売り物は、勿論「アウル」の人気メニュー「インドカレー」を始め、白州町で平飼い鶏の卵を造っている佐藤ファームの卵を使ったミール系と、スイーツ系に分けられた2通りのパンケーキセット、そして、チャイを始めとした多彩なお茶の種類です。

コマチンカフェはチラシ配布等のオープン告知はせずに「アウル」時代の馴染客を中心として、隠れたお店として徐々に人気を集めています。場所は、JR日野春駅前の道路を北側に200m程行った道路沿いの右側(JR線路側)にあります。      (Kikori)

小松屋鎮左衛門 「コマチンカフェ」
・住所/〒408-0024 山梨県北杜市長坂町冨岡1-1
・問い合わせ/電話 0551-32-6002
・営業時間/11:30から20:00
・定休日/現在は不定休で頑張っています



engawa cafe(縁側カフェ)

~古民家の縁側でお茶にしませんか~P1420296

昨年、高根町の古民家を改造して出来たengawa cafe 。
外観は昔ながらの正に縁側のついた古民家。駐車場に車を止めて庭に入ると、玄関と思しき木戸があります。
ガラガラと開けて中に入ると土間があり、2、3段の階段を上っP1420301た店の中では、近所の農家のお婆ちゃん達が楽しそうにお茶をしていました。「ウン?靴を脱ぐのかな?」と戸惑っていると中から「どうぞ靴のままお上がり下さい」と声を掛けて頂き多分、昔は畳敷きの和室だったろうと思われるところが板貼りの床になっており、テーブル席がいくつか並んでいました。
階段を上がると隣は畳が敷いてある正に縁側、そこに座ろうかどうしようか迷ったがここはイス席で我慢。
出てきたメニューからデザートセットをオーダー。好きなデザート+コーヒーor紅茶のセットで、私はテイラミス+コーヒーのセットを注文しました。
室内にはゆったりとしたジャズが流れ、隣の席ではくだんのお婆ちゃん達が数種類のピザを食べてコーヒーを飲んでいる・・・この不思議な光景がまさにengawacafeの特徴なのかも知れない。
出てきたテイラミスもボリュームがあり甘すぎずグッドな味。ランチメニューを覗くとトップメニューに「ラーメン始めました」の文字が目に飛び込んできました。
ラーメン+八ケ岳有精卵の味玉子+八ケ岳地鶏の炙りチャーシュー醤油味3枚+ねこまんまウ?ン、これはくすぐられる。
八ケ岳に3年前に移住してきた若い2人が経営するengawa cafe まったりくつろげますよ。ちなみにランチは結構混むのでお早めに・・・ (Hatakenaka)

・所在地/〒408-0003 山梨県北杜市高根町東井出155
・電話/0551-47-6065
・営業時間/11:00から18:00
・定休日/月・火曜日
・ホームページ/ http://www11.ocn.ne.jp/~engawa/



ジャズ喫茶「こぉーふぃー屋 Autumn」

昔、横浜にいた頃には、それなりに行ったものですが・・いやぁ・・この辺でジャズ喫茶に出会えるとは思っても居ませんでした。久しぶりにゆっくり楽しんできましたよ。

しっかりとした味と香りがありながら、後口が爽やかで口に残らないコーヒーは、とても美味しいです。
ご主人は、最近は濃いコーヒーを売り物にしている店が多いのが気になって、本格的な味でありながら飲みやすい濃さのコーヒーを目指したのだそうです。
拘りのコーヒーは、注文を受けてからその分量だけを手回しのミルで丁寧に挽くことから始まりますが、カウンター席のお客様には、何と自分で豆を挽くのを楽しんで貰えるように、小さな手回しミルをいくつか用意してあります。

店内にはLPレコードのジャズが流れています。私が行った時には、ビル・エバンスが流れていましたが、コレクションは相当なもので、もちろんリクエストにも応えてくれます。
ジャズを良く知らなくても、曲の雰囲気や楽器の希望を言えば対応して貰えますよ。
コーヒー好きにも、ジャズ好きにも、おすすめできる店です。(T.Shimizu)

・メニュー/Autumn ブレンド 他。トースト等の軽食や、ケーキもあります。
・場所/北杜市白州町白須101 台ヶ原宿の旧道、七賢、の並び(西側)です。
・電話/0551-35-2884
・定休日/木曜日
・営業時間/9:00から19:00
・関連情報/
http://www.geocities.jp/dora5369/autumn.html



自然の恵みと癒しの空間「ハーベイガーデン」

7/25にレインボーライン沿いにオープンしたばかりの新しいカフェ。
東京近郊に和食、イタリアン、中華、ベトナム料理など40店舗のレストランを持つ会社がそこで使うハーブや野菜を近郊から安定的に供給できるようにと、そのアンテナショップとしてオープンしたのがこのお店。
ハーベイHarvegiとはHarb+Vegitableの造語だそうです。
レイボーラインの石堂と富谷の信号機の丁度真ん中あたりの道沿いに位置し、道からテラスとハーブの畑が見えます。育てた素材を使用した料理が楽しめるカフェや雑貨を販売するショップを配し、目でも舌でも心でも楽しめる癒しの空間です。

メニューは地元産のフレッシュ野菜サラダや野菜スープ、ベトナムフォー(麺)、じっくり煮込んだトマトのハヤシライス、ごろごろチキンのオリエンタルカレー、焼きたてクロワッサンを使ったサンドなど。いずれもフレッシュな野菜をいっぱい使っています。
飲み物には庭で摘み取ったばかりのハーブを使ったフレッシュハーブティー(ガレット付き)や、エルダーフラワー・ソーダ 、ピンクジンジャーソーダ 、クランベリー&ハイビスカスソーダ など。
食器には環境に配慮した竹やサトウキビを原料にした土に還る紙モールド容器を使用しています。
午後のひと時のんびりティータイムを楽しむのもいかがですか。(なか)

・8月のハイシーズンは無休の予定
・営業時間/11から20時
・住所/北杜市大泉町西井出レインボーライン沿い
・問い合わせ/0551-38-1831



自家焙煎珈琲「カフェ アロア」

八ヶ岳高原も、美味しいコーヒーを飲ませる店が増えてきました。
コーヒー好きとしては大変嬉しいことですが、何処が美味しいかなんてなかなか分からないものです。
今回ご紹介する「カフェ アロア」は、仲間のペンションオーナーから教えて貰いましたが、口コミ情報に感謝したいと思います。

厳選した豆を仕入れ、丁寧に自家焙煎しています。もちろん豆の販売だけでなく、喫茶もやっていて、木造の山小屋風の店で自慢のコーヒーを楽しむことが出来ます。

今回はカウンター席で「イタリアンブレンド」をいただきました。私はどちらかと言うと酸味の強いコーヒーが苦手なので、どうしても濃い苦みのあるタイプを選んでしまうんです。
そんな話をご主人にしたら・・「良かったら、是非これを飲んでみてください」と言って出してくれたのが、ドンバチという面白い名前のパナマ産のコーヒー。
これが酸味のあるタイプなんですけど、その酸味がとても丸くて、口に残らないんです。香りも良いし、とても美味しいです。
実はこれ、スペシャルティコーヒーと言って、コーヒー豆の収穫も手詰みだし、欠点のある豆を一粒ずつ取り除くという、手間暇をかけたコーヒーだったんです。
コーヒーの酸味が苦手・・と思っていたのは、どうやらコーヒーの品質の問題もあったらしいと気付きました。

コーヒーには手作りのクッキーが付いています。ケーキセットやモーニングもあり、パンも含め全てが自家製手作りなんですよ。
カウンター席の他、テーブル席、靴を脱いで座れる席もあります。

ぜひ一度行ってみてください。素晴らしいコーヒーに出会えるはずです。豆の販売、通販もしています。            (T.Shimizu)

・営業時間/8:00から18:00
・定休日/水曜日(祝祭日の場合は営業)
・住所/北杜市大泉町西井出8240-7315
県道28号、大泉駅東の陸橋を渡り、左側にB&B ブーツがある
ところを右折。次の四つ角を左折し、すぐ右側。
・問い合わせ/TEL & FAX 0551-38-3044
・ホームページ/ http://www13.plala.or.jp/aloa/



八ヶ岳山麓の小さなお店 cafe’de 8

甲斐大泉駅前の温泉、パノラマの湯の西側の道を下りて行った森の中にひっそりと小さな可愛いカフェがあります。
北海道出身の若いご夫婦が経営するこの小さな可愛いカフェは、注文を受けてから1つづつ円錐形センターで抽出するコーヒーと、手作り雑貨が売りものです。
ご夫婦とも、スキー指導者としてSAJ正指導員の資格を持つスポーツ一家がもてなす、アットホームなお店に一度遊びに行ってみて下さい。

・定休日/不定休・要確認 AM10:30からPM18:00
・問い合わせ/TEL 0551-38-0039
・住所/北杜市大泉町西井出8240-1940
・ホームページ/ http://cafede8.web.fc2.com/



ケルンコーヒー

コーヒー専門店として北杜市内では一番の老舗ですから、知らない人は居ないと言われる白州のケルンコーヒーですが、国道20号線を利用しない人にとっては、知っているけれど行きにくいお店かも知れません。
場所は、20号線のサントリー入口から、韮崎方面に向かって少し行った左側。右側に白州の体育館がありますから、多分すぐに分かります。
駐車場に車を止めて、手前の建物がコーヒー豆や器具のお店、奥の建物は喫茶店です。

もちろん喫茶店で美味しいコーヒーを味わっていただくのが一番ですが、今回は「ドリップバッグ」という商品をご紹介。
元々、ケルンコーヒーは美味しいと評判なんですが、その美味しいコーヒーを手軽に味わえるよう、コーヒーカップに乗せて一杯分ずつ抽出できる、所謂ティーバッグ式の簡易ドリッパーにしたものです。ケルンの定番「白州ブレンド」の「まろやか」と「ほろにが」があります。

そしてもう一つ「珈琲気分」というのがありますが、これは80度程度のポットのお湯でも美味しく淹れられるよう、特別なブレンドをしたというドリップバッグです。オフィスなどでコーヒーを飲むにはいいですね。
私のような、常に納期に追われて時間がない人間にも嬉しいです。

そして更にもう一つ・・「珈琲気分」をカプチーノにしてしまう「カプチーノパウダー」がセットになった商品もあるんです。
普通に「珈琲気分」のコーヒーを淹れてパウダーを混ぜるだけという手軽さなんですが・・いや、これが、結構ちゃんとしたカプチーノになっちゃうんです。納期逼迫多忙人間には、これも嬉しいなぁ。(笑

今回はお手軽な商品ばかり紹介してしまって申し訳ないですが、元々ケルンのコーヒーは味が良いので、こういう商品だって充分美味しいです。
でも、もちろんお時間のある方は、ちゃんとした淹れかたで、本来の味を楽しんでいただきたいと思います。喫茶店の方にも是非どうぞ。
春季限定、桜の香りの「さくら珈琲」も好評です。(くまぱぱ)

ケルンコーヒー
・所在地/〒408-0361 北杜市白州町鳥原2931
・問い合わせ/電話 0551-35-4110
FAX. 0551-35-4374
・営業時間/10:00から18:00
・定休日/水曜日
・ホームページ/ http://www.cairn.co.jp/



丸山コーヒー 小淵沢リゾナーレ店

ジャパンバリスタチャンピオンシップ’08-09 兼ワールドバリスタチャンピオンシップ2009日本代表選考会が10月に開催され、準優勝を勝ち取った中原見英さんが店長を勤める丸山珈琲 小淵沢店(リゾナーレ内)。
まだ足を運んだことのない方はぜひ、この時期に!! 今年のリゾナーレのピーマン通りは一段とパワーアップしたイルミネーションでムード満点です。

選考会の基準は、味・技術・プレゼンテーションとあるのですが、一番は、なんといっても味が勝負。予選の156人から16人と絞られファイナリスト8名が最後の代表をかけて競い合います。何がすごいかっこいいですよね。
今回は2人(準優勝の小淵沢店勤務中原見英さんと4位の軽井沢店勤務関口学さん)を出しているということです。
これはまさに丸山珈琲のスペシャルティーコーヒーのレベルの高さを見事に証明しています。11月20日長野県小諸市にオープンした小諸店もあわせて本店軽井沢店も要チェックです。

小淵沢にお越しの際はカプチーノのハートデザインを中原見英さんの素敵な笑顔と合わせて楽しんでみてください。
もちろん、次回優勝へのエールも送ってくださいネ!

・丸山コーヒー 小淵沢リゾナーレ店
・住所/山梨県北杜市小淵沢町129?1
リゾナーレ小淵沢ピーマン通り
・TEL・FAX/0551-36-6590
・営業時間/8時から19時  年中無休
・ホームページ/ http://www.maruyamacoffee.com/
・メニュー/丸山珈琲ブレンド各種 サンドイッチ、ケーキなどもあります。
*丸山珈琲でエスプレッソマシン以外で提供されるコーヒーは
味わいあるカフェ・プレスでたっぷり2杯分サービスされます。
*店頭および本店通販でのコーヒー豆販売も行なっています。



カフェ ピアニッシモ

長坂町小泉小学校近くにある「カフェ ピアニッシモ」がリニューアルオープンしました。
元々手作りが自慢だったピアニッシモですが、今回のリニュアルは「八ヶ岳産」にこだわり、さらに「手作り」にこだわっています。地元で採れた新鮮な野菜をたっぷり 使った一日限定10食の日替わり「こもれびランチ」、季節の果物をふんだんに使った各種ケーキ。コーヒーも大泉の焙煎工房ピーベリーさんにお願いしてピアニッシモ特製 ブレンドに変わりました。

ある日の「こもれびランチ」より
・鶏のつくねチンゲン菜添え ・ヒジキと青大豆のサラダ ・モロッコインゲンの胡麻マヨネーズ和え
・糠漬け ・大根の味噌汁 ・ごはん ・完熟すもも ・ほうじ茶       以上

ほとんどの野菜はスタッフが近くの畑で一生懸命育てたもの。今が旬の完熟すももは、 真っ赤に熟してからひとつひとつ丁寧に収穫したもの。これがとっても甘い!
木の温もりいっぱいの店内、爽やかな風と川のせせらぎが聴こえるウッドデッキでくつろぎのひと時を過ごしてみては如何ですか。

・住所/北杜市長坂町白井沢4050-2
・電話/0551-32-7762
・営業時間/10:00から16:00(ランチ11:30から完売まで)
・定休日/水、木曜日



カフェ&焼きたてパン「ふぃーるどまじっくパン工房」

健康に良いパンを目指して、フィールドマジックの斉藤夫妻とパン職人小澤氏が今年2月、清里のフィールドマジックの横にオープンさせた。アガリクスやメシマコブを使ったパン、ローズヒップを入れたハーブパン、雑穀パンなどヘルシーなパンを販売している。その中で、「くろ助」と名付けられた真黒なパンが目に付く。この黒さの正体はなんと竹炭!竹炭は体内の余分な糖分や脂肪分などを体外に排出し、天然ミネラル成分が豊富で、遠赤外線効果やマイナスイオン効果もあるのだそうだ。
おそるおそる食してみると、ふんわり柔らかくほんのり甘みも感じられる。想像した竹炭のジャリジャリ感は、まったくない。なかなかの逸品であります。 これからも、次々と、癒し、健康をテーマに新しいパンを開発していきたいとのこと。是非一度、メディスンべーカリーのパンを食してみてください。      (記・う)
・営業時間/午前10時から午後6時
・定休日/不定休
・連絡先/0551(48)3180
・住所/山梨県北巨摩郡高根町清里3787-2
・UPL/ http://www.h5.dion.ne.jp/?f-magic/




top