「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
サンメドウズスノーシュー大会 2005年3月13日(日)晴れ YSC倶楽部主催 その1 
新しいパターンの集合写真、ハイ好きなポーズで!
今シーズン最後のスノーシューに参加して楽しんできました。第一回目のサンメドウズ大会は大雪のため参加を断念、雪掻きで参加することが出来ませんでした。二回目と三回目は参加。どちらも若い方が大会を盛り上げてくれました。若いっていいですね、見ていて気持ちが良いです。諦めていた雪も結構良かったですよ、フワフワの雪も残っていたんです。ザクザクの雪の場所、カチンカチンの場所、最中雪(もなかゆき)の場所、所々には柔らかい雪・・。それでも3月にしては良かったのでは?今回はシリセードの場面やジャンプシーンを動画で記録しました。サンメドウズスノーシューは、お尻滑りを楽しめる斜度もあります。小山を見つけたらジャンプにチャレンジしてみて下さい。きっと楽しい思い出が出来ることでしょう?今回は若い方と一緒に遊べて楽しかったです。
斜面を見つけたら滑るコースを作ります。何人かで滑ってみましょう。
楽しそうに滑る皆さん、仲間も下から眺めています。
みんな決まっていますね、格好いいなぁ〜〜。

第二回目のサンメドウズ大会の景色
2005年2月20日(日)撮影
林を滑り降りてゲレンデに出ました。後ろには八ヶ岳の主峰・赤岳がデーン!
赤岳をバックに参加者全員集合写真 正面には富士山も!
今日は人気を独り占めしていた可愛いワン子チャンも最初から最後まで頑張りました。
カメラ目線? この子に見つめられると・・ 雪をかけられて・・
鹿が角研ぎをした木です。木の下には鹿のフンが沢山落ちていました。
リフトにはスノーシューを履いて乗れません。手に持って乗車します。昨日から大寒波がきて気温が・・。リフトに乗っているときの寒かったこと。参加者の皆さん、顔が痛くなったと話していました。
頂上は狭いため、スノーシューの装着は展望台ですることになりました。初参加の皆さんも手順通りに・・。受付の時にスノーシュー装着の説明を受けたようです。
賽の河原に向かってGO!八ヶ岳歩こう会の事務局長を先頭にして出発!
赤岳は雪雲で見にくくなっています。賽の河原から見える景色は最高!「ぼ、ぼ、ぼくらは中年探偵団?」深い理由はないけれどガッツポーズ!
初参加のご婦人が怖々下っています。歩こう会の二人がエスコート、優しいでしょう。
上のご婦人と一緒に参加したご友人は雪を楽しんで笑顔満面!
休憩中の一場面・・楽しんでいます。
リラックスポーズ?なんと大胆なポーズにクラクラ・・(笑)。ここで全員の記念写真を撮りました。一番上です。
さっきまでシリセードで一番後ろにいたはずなのに・・追い抜かれました。かけたり、走ったり、飛んだり、滑ったり、雪合戦したり、仲間と十二分に楽しんでいたようですよ。
昔、清里が林業で生計を立てていた頃の名残です。滑車とワイヤーがそのまま残っていました。50年ほど昔のものだそうです。事務局が参加者の皆さんに話していました。
この林を抜けるとゲレンデに出ます。雪は堅くてガチガチでした。
赤岳を見ながら今日のスノーシューは無事終了。
金峰山が綺麗ですね、こんな素晴らしい場所でスノーシューを楽しめるのですから最高です。
遊歩道をグルッと回って最終ゴール地点へ 池も二回目の大会ではこんなに凍っていなかったです。やはり気温が下がっているのでしょう?寒いわけです。
最後にスノーシューデビューをしたご婦人に感想をお願いしたら・・最初は怖々歩いていて嫌だったらしいのですが、最後は遣る気満々になっていましたよ。来シーズンもチャレンジに来て下さいね。
こちらの女性も楽しかったとのこと。拍手で今回の大会終了。皆さん、来年又会いましょう。お疲れ様でした。
最後のスノーシューを無事終了。楽しかったね、また来年遊びましょう。成功を祝って乾杯♪
このページのトップへ

スノーシューのページへ
▲▲きママなウォーキングへ戻る