「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
スノーシューサンメドーズ大会 2005年2月20日(日) 霧〜晴れ
YSC倶楽部主催 その1
サンメドウズ頂上にて 36名の参加者 八ヶ岳の主峰・赤岳
サンメドウズ大会は時間が無くてなかなか参加出来ずにいました。今日は良い機会なのでお客様と一緒に行って参りました。我が家から南アルプスは見えていましたがサンメドウズに向かえば向かうほど霧が濃くなって不安に!サンメドウズの良さは景色です。頂上からの景色がとても良い場所なので霧では楽しめませんから・・。ところが心配無用!リフトに乗って頂上に着くなり霧が晴れてきたではありませんか、こうなると気分は自然に盛り上がるもの。皆さんの顔にも笑顔が出てきます。参加者も多くて36名もいましたよ。主催のサンメドウズさんも嬉しいでしょう?ただ残念なのは前日に雨が降って雪が春の雪のようになっていたことかも?雪の量は十分有り、皆さん愉しんでいました。
霧が晴れてきて頂上からの景色が見えてきました。富士山も顔を見せてくれましたよ。
南アルプス連峰も見えます。日本で二番目に高い山の北岳も姿を現しました。
真っ白になった八ヶ岳の主峰も私達を出迎えてくれました。嬉しいですね。
リフト頂上1900mでは、可愛い雪だるまさんがお出迎えをしてくれました。
早速、斜面にトライしている元気印のスノーシュー仲間Iさん、がんばってね〜。
転んでも楽しい?本当です。雪が降ると喜ぶのは犬と子供ばかりではありません。(笑)
今日も楽しい場面にたくさん出会いました。お陰様で皆様にもお伝え出来ます。
皆さん自分の愉しみ方をよくご存じです。跳んだり跳ねたり転ぶのも結構楽しいものです。
今日のコースリーダーは、「カモシカ」に遭遇したそうですが私が行ったときには立ち去った後でした。野生の動物に会いたくてもなかなか会えるものではありません。下の写真は私が偶然写真に納めることが出来たときのカモシカの写真です。サンメドウズのリフトに乗っていると、時々リフトの下に「カモシカ」がいることがあります。きっとこの辺りを縄張りにしている「野生のカモシカ」がいるのでしょう?スノーシューで歩いている方は何回か「カモシカ」を見ています。八ヶ岳の野生鹿は人間を恐れ、直ぐに逃げてしまいますが「カモシカ」は悠然としています。自分で安全な距離を保って草を食べています。勿論、人間が側に行こうとしたら逃げてしまいます。
冬のカモシカ 秋のカモシカ
冬に会えた子鹿-1 冬に会えた子鹿-2
餌が不足する冬だからこそ野生の鹿に偶然会えることもあります。写真はなかなか撮れない。
このページのトップへ  次のページへ

スノーシューのページへ
▲▲きママなウォーキングへ戻る