「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
武蔵野野外活動センター主催・八ヶ岳スノーシューサンメドウズ編
2006年1月10日(火) 晴れYWA同行
サンメドウズのゲレンデです。 これからパノラマリフトに乗って1900mの展望台へ
昨年の夏、武蔵野野外活動センター主催のウォーキングが八ヶ岳で行われました。「美し森〜天女山」のコースと「麦草峠〜坪庭」です。八ヶ岳歩こう会が下見本番とも同行して懇親を深めました。その折、スノーシューのお誘いをいたしましたら、このたび八ヶ岳に来て下さることに!本番は、2月4日、5日で今日は下見です。スノーシューは難しい技術はいりません。でも、初めてスノーシューを体験なさる方は、どんなことが起こるか分かりません。自分勝手に林の中に行かないようにお願いします。ベテランと一緒にお出掛け下さい。サンメドウズのイベント、歩こう会のイベント、ポレポレクラブのイベントに参加されることをお奨めします。
センターハウス〜パノラマリフト〜賽の河原〜林〜レストハウス・ブルーム〜センターハウス
頂上は狭いのでパノラマリフトに乗る前にストレッチ体操をしてから乗車します。
パノラマリフトから降り、展望台で全員集合の記念写真を撮り、賽の河原まで登ります。このコースの登りは賽の河原までです。後は林の中を下るだけですから楽しいですよ。
ここは天気に恵まれると展望が素晴らしいです。
南アルプスが良く見えますよ、ここで写真タイムがあります。
賽の河原で記念写真を撮り、これから林の中に入ってスノーシューを楽しみます。
下り道のスタート!思い思いの雪道を歩いて構いません。楽しさは体験すると分かります。是非、体験して下さい。
フワフワの雪です。
コースアウトをしないように!
坂道が怖ければお尻滑りをすればいいのです。子供の頃を思い出して滑ってみて下さい。ねぇ〜楽しそうでしょう?
それなら俺もと、滑ります。上からスルスルスル・・
歓声が聞こえそうでは?
坂道から平坦な道へ・・・
ここから赤岳が良く見えます。ベストポイントでパチリ!
木のアーチをくぐり、会長さんがポーズ!
シカの寝床です。雪がありません。体温で雪が溶けてしまったのでしょうか?
寝床の直ぐ近くには、シカの糞。フンを踏んだら不運(フ・ウン)なひと。フーンなんて言っている人は誰?(寒い!)
ゲレンデに出てきました。クローズになっているゲレンデなので歩かせて頂きました。
後を振り向いたら・・何と素晴らしい景色ではありませんか。当然、ここで記念写真を撮りました。集合写真は一番下にあります。レポートは小さな写真です。
スノーマシーンが作った雪の芸術?ここから歩いてセンターハウスまで行きました。参加者の皆さんは、スキー場の食堂でお昼を食べたようです。私は午前の部で失礼しましたが、時間のある方は、午後からも別のコースを歩かれたのかも?
帰りは清里大橋から小淵沢に向かって帰りました。八ヶ岳が綺麗でしたよ。

展望台にて全員集合写真 展望台にて集合写真(逆光かな?)
賽の河原にて 雪不足のためクローズ中のコースで
このページのトップへ

スノーシューのページへ
▲きママなウォーキングへ戻る