「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
志賀高原スノーシュー(天然記念物・しなの木)
2006年4月6日(木)晴れ (プライベート)
スノーシューを車に積んで志賀高原へ行ってきました。志賀高原は通い詰めたスキー場ですがゲレンデでない場所を歩くのは楽しい。 今日は樹齢800年と言われている「しなの木」 までスノーシューで行くことにしました。雪の無い時ならハイキングコースにもなっているそうですが、道は雪に埋もれて分かりません。でも通い慣れた志賀高原、マップを持っていざ、出発!一ノ瀬ダイヤモンドのリフトに乗り頂上へ到着。スキー板を履いていればスーッと滑って行かれるのに靴でしたから転んでしまった。リフトが後から迫ってきます。あっ、危ない!とっさに身体を低くしてゴロゴロゴロ・・(笑)。何しろ転がるのは得意なんです。(自爆)ダイヤモンドスキー場から山の神スキー場へ移動して目的の「しなの木」を探します。説明をして下さった方は、反対方向からの方が見つけやすいとのこと。まぁ〜、とにかく歩いていって見ましょうと進みました。なかなか見つかりません。でも、フッと誰かに呼ばれている気がしたんです。その方向へ目をやると・・ちょっと不思議な木があったのです。とにかく進みました。木の前に何やらクイのようなものが見えます。積雪があるのでそのクイは埋まっていました。掘って見ると・・「長野県特別天然記念物・しなの木」と書かれていました。樹齢は、推定800年と言われる「しなの木」 、根回りは周囲9.5m シナノキでは全国1.2の大木
一ノ瀬・山の神スキー場の林から焼額山スキー場へ向かいます。
何という植物かしら? 樹齢800年と言われるシナノキ
焼額山題2ゴンドラに乗り、景色を見てるとだんだん変わってきた。
焼額山頂上に到着!雪景色を楽しみながら奥志賀方面に進みました。
こんな景色を見ながら歩けると思っていなかったので感激で!
ノンビリと回りの景色を楽しんで♪♪♪  焼額山第一ゴンドラへ下山

一ノ瀬・ダイヤモンドスキー場〜山の神スキー場〜焼額山スキー場
ダイヤモンドスキー場 山の神スキー場を通過 シナノキに向かう
シナノキに向かう 樹齢800年と言われるシナノキ
下から撮影! 近くから撮影 上から撮影
アニマルトラッキング!貴方は誰の足跡か分かりますか?
プリンスホテルは、オフシーズンになったからでしょうね、両端は休館でした。
第二ゴンドラ 頂上案内板 第一ゴンドラに向かう
前日が雪だったらしく今シーズン最後のスノーシューは最高♪
このページのトップへ

スノーシューのページへ
▲きママなウォーキングへ戻る