「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
ツーデースノーシューピラタス蓼科 2007年3月4日(日) 曇り ZOOM
お客様が北八のピラタス蓼科を御希望だったのでご案内して参りました。今年は日本中、雪不足が伝えられていますが、ここへお連れすれば喜んで頂けると思っていました。私が住んでいる八ヶ岳南麓では八ヶ岳は連峰では見えません。(八ヶ岳とは天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・西岳・編笠山などの総称です。日本百名山になっております。赤岳を筆頭に標高3,000mに近い山々が連なって裾野が広く、東麓に清里・野辺山、西麓に蓼科などの広大な高原を擁しています。)野辺山や富士見町、北八ヶ岳に来れば横広がりの八ヶ岳を見ることが出来ます。北八ヶ岳に初めて訪れた時、いま写真で見える山が「八ヶ岳」と言われても信じられなかった私。見る場所が変わると赤岳、阿弥陀岳、西岳、編笠山、横岳、硫黄岳、権現岳、天狗岳、・・・などの場所が変わるので困ることもあります。それでも以前より少しは説明が出来るようになりました。でも、まだまだ駄目です。聞かれても答えられるように勉強しないといけません。
縁があってご一緒したご家族 お決まりのポーズ!
八ヶ岳をバックにして 蓼科山をバックにして
ピラタスロープウェイ〜頂上駅〜坪庭〜森林浴展望台〜頂上駅〜駐車場〜ZOOM
ご宿泊されたお客様がZOOMから撮影した甲斐駒ヶ岳の写真を送ってきてくれました。私は朝食の支度があり、ゆっくり山を見る時間がなかったのですが南アルプスが見えて良かったです。
ZOOMを8時に出発!途中、寄り道をしましたのでピラタス蓼科には9時半到着。ロープウェイで頂上駅からスノーシューを装着して歩き出しです。最初に坪庭へ向かいました。坪庭でアイゼンを付けているグループに会いました。これから北横岳に行かれるのでしょうか?
登山組が北横岳に向かって歩いていきます。
私達は散策中!い被写体が有ればカメラでパチリ!
おや、何か良いアングルを見つけたようですね。パチリ、撮っていらっしゃったようですが良い写真が撮れたのなら良いのですが!?
風を避けてお昼にしました。熱々のスープを作りますので、お湯が沸くまでお待ち下さい。体が温まりますよ。
雪原で暖かいスープは如何でしょうか?暫くお待ち下さいね。
水&ポットからお湯を入れます。 人数分のスープを作ります。
縞枯現象 誰も歩いていない雪原
お腹も満たされ、帰りましょう。ロープウェイの頂上駅に戻ります。
森林浴展望台で休憩をしているご夫妻に声を掛けられました。今日は展望台からも良く見えませんね。
あ、青空が広がってきましたよ。山が見えてくるかも知れませんね?
ロープウェイ頂上駅で休憩後、下山します。
想像していたより雪は良かったですよ。
登りのロープウェイは、満杯ですが下りはガラガラです。スキーヤーもボーダーさんも下りは滑って降りるから仕方がないですね。
2月にお客様が作った雪だるまが頭と胴体がバラバラになっていたので直したのですが溶けてしまったので小さくなっていました。
下の写真は、私がスノーシューで訪れていた時に撮影したものです。
2月18日(日) 2月23日(金) 3月4日(日)
車山ゲレンデが見えています。右は、霧ヶ峰でしょうか?
クマザサの葉が鹿に食べられたのでしょうか?茎だけになっています。雪が降ると雪の上にでている笹の葉や木の皮を食べるようです。
帰る頃になってお天気になってきましたよ、一寸残念ですね。また来年スノーシューで訪れます。北八ヶ岳スノーシューはこれが最後かも知れません。楽しませてくれて有り難う。今年は、あと何回スノーシューを楽しめるのでしょう?予定しているのは、天狗岳スノーシューと本沢温泉スノーシューです。行かれれればレポートを作成しますので見て下さいね。本日の報告はこれで終わりです。
このページのトップへ

スノーシューのページへ
▲きママなウォーキングへ戻る