「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
八ヶ岳登山 硫黄岳・横岳 高山植物観察会 2004月7月1日(木)晴れ その1
桜平〜夏沢鉱泉〜オーレン小屋〜ヒュッテ夏沢〜硫黄岳〜硫黄岳山荘(昼食)〜横岳
八ヶ岳自然クラブ主催の高山植物観察会が梅雨の合間の7月1日(木)に行われました。八ヶ岳自然ふれあいセンターに午前5時前集合。ここから数台の車に分乗して目的地(桜平登山口)に向かいました。ガイドは、八ヶ岳自然クラブ会員で朝古邦雄さん(山梨県公認山岳ガイド)です。参加者の会員26名は車6台に分乗、5時に出発、桜平に1時間10分程掛かり到着。駐車場に車を止めて登山口へ 説明後、6時40分頃歩き出しました。途中には山小屋が何ヵ所もあり、休憩をとりながら登れました。お昼は早めでしたよ、朝が早かったので11時のお昼に抵抗はありませんでした。(笑) 今回、初めて山登りに参加された方もいらっしゃったのですが、皆さん健脚でした。今日の高山植物観察会、雨に降られずお天気には恵まれましたが、台風の影響でガスが出ていたので視界は今ひとつでした。でも、とても楽しい一日を過ごすことが出来、大満足の高山植物観察会でした。下山してから簡単なストレッチ後、車に乗って八ヶ岳自然ふれあいセンターへ 到着は当初予定してたより一時間早くて18時前に着きました。解散式をして家路へ 私自身にとって残念だったことがあります。朝、慌てて家を出たため、デジカメのスマートメディア予備を忘れたことです。植物を色々の角度から撮れ無かったのが悔やまれます。次回は忘れずに予備を持参してバシバシ撮りたいものです。(笑) レポートですが、植物の写真を先に紹介します。コースレポートは、次のページに載せましたのでご覧下さい。

今日(7/1)は、「ツクモグサ」の花が咲き終わりでした。でも横岳の急な崖に「ツクモグサ」を発見!
咲き終わって・・オキナグサのようです。 断崖絶壁の斜面に・・10倍ズームで撮影
一番良い写真が撮れなくてガックリしていましたところ・・観察会の下見で「ツクモグサ」を撮られた亀村様が写真を提供して下さいました。二回目のチャレンジは何時になるか分かりませんが、珍しい「ツクモグサ」が咲いている時期に訪れたいものです。花は花弁でなくガク片が6〜8個集まったもので径3センチ、オキナグサと似ていて毛で覆われている。高さ15〜20センチ位。本州で八ヶ岳と白馬岳のみの希少種だそうです。
【ツクモグサ】2004年6月13日撮影
写真・八ヶ岳自然クラブ会員 亀村平男様
7/1の観察会で出会った植物です。名前が間違っていましたら訂正します。

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)
ゴマノハグサ科

ツガザクラ(栂桜)
ツツジ科
コマクサ(駒草)
ケシ科
シロコマクサ(駒草)
ケシ科
ツメクサ(爪草)
ナデシコ科
ワヒゲ(岩鬚)
ツツジ科
ハクサンイチゲ(白山一華)
キンポウゲ科
ウルップソウ (得撫草)
ゴマノハグサ科
クロユリ(黒百合)
ユリ科
オヤマノエンドウ(御山の豌豆)
マメ科
ムシトリスミレ(虫取菫)
タヌキモ科
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
バラ科
ミヤマシオガ(深山塩竈)
ゴマノハグサ科
白いミヤマシオガ(深山塩竈)
ゴマノハグサ科
チョウノスケソウ (長之助草)
バラ科
イワウメ (岩梅)
イワウメ科
調査中(知っている方教えて!) 調査中(知っている方教えて!)
イワベンケ(岩弁慶)
ベンケイソウ科
ヤツガダケキスミレ(八ヶ岳黄菫)
スミレ科
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)
ツツジ科
キバナシャクナゲ (黄花石楠花)
ツツジ科
このページのトップへ  次のページへ

八ヶ岳自然クラブ編へ
▲▲きママなウォーキングへ戻る