イラスト 「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
2001年9月20日「番外・赤岳登山」
八ヶ岳に移り住んで14年目ですが主峰の赤岳にいつかは登ってみたかったのです。そんな時救いの神が現れました。やつねっとの「なおさん」が連れてって下さいました。ウォーキングではなく登山になってしまいますが良かったら見て下さい。それでは始まり始まり・・。

美濃戸山荘です。
初心者の私を赤岳に連れてってくれる奇特なお人、やつねっと山岳担当になってしまった?我らが、なおさんです。
あっと、尖った山の名は?しまった!
なおさんに名前を聞いてみます。
行者小屋に到着です。何と増築工事中でしたよ!宿泊をする方が多いのでしょうね。登り初めの時は柱だけでしたが下ってきたときには家の形になっていました。
なおさんは何を撮っているんでしょうね。
行者小屋から見た景色!
回りの景色その2
赤岳展望荘に到着!
行者小屋からこの赤岳展望荘まではハードな登りでした。鎖場は少し怖かった!登るのは三点歩行をしなくてはいけないと教えてくれました。私に気を遣って倍疲れたことでしょう。優しい人です本当にお疲れさま!ホッとしたんでしょうか?「自分だけだったら、こんなにくたびれないのに〜」ひょっとして心の中で叫んでいたかも?
赤岳展望荘から富士山が雲海に浮かんでいるように見えました。
赤岳展望荘からジグザグに石が沢山ある斜面を登りますと頂上に山小屋が建っています。赤岳で一番上にある山小屋の前で記念写真!
雲がなくこんな景色を見られるなんて何と運がいいのでしょう。登った20日は台風が関東地方にいた筈なんですがラッキーでした。
山頂の山小屋からもう少し先が赤岳の頂上です。リュックを置いて歩いて参りましょう。何だかドキドキします。
赤岳山頂から山小屋を見たところ山男が景色を眺めていました。とても絵になる光景なので写真を撮ってみました。
なおさんといえば、ビデオで頂上から景色を映していましたよ。
頂上から山の景色を撮りました。高いところが本当に苦手な私は写真撮るのでも手が震えました。
山頂の記念写真!高所恐怖症なので顔が引きつっているはずです。無理して笑って見せました。
下山途中、八ヶ岳の赤岳をバックにして!
雲がかかり始めましたので気を付けながら下山します。これで私の赤岳初登山の報告を終わります。一時は台風17号が登る当日に来そうだったので、とても心配しました。でも、当日は秋晴れの良いお天気に恵まれとてもハッピーな一日!標高2899メートルの赤岳日帰り登山をしてしまいました。こんな事が出来たのも優しい仲間のお陰と感謝!
このページのトップへ

▲▲きママなウォーキングへ戻る