「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
国蝶に指定されているオオムラサキが飛び交う時期にウォークを企画しました。
長坂駅から歩き始め、春なら桜並木が見事な農業大学校の前を通り、少し急な下り坂を行くと深沢橋です。この周辺が、オオムラサキ発生地なので飛んでいる国蝶を見ることができるかもしれません。深沢橋を渡り、オオムラサキの森に入ります。ここでもオオムラサキに会えるかもしれませんね。林の中で森林浴を楽しみながら歩きます。林の中、簡易舗装路を通り抜け、熊野神社の前を通り、オオムラサキ自然公園の中を通過して中央本線日野春駅でゴールです。
途中には、南アルプス連峰や八ヶ岳連峰が望める場所もあります。フワフワの林の道も歩きます。美味しそうなブルーベリーの実も見ることができるでしょう?足元にはかわいい野草も皆様のお越しを待っていると思います。素敵なコースですので、ぜひ歩きにきてください。
オオムラサキの里ウォーク(長坂町)下見 2004年6日15日(水)晴れ
長坂駅から歩き出しです。駅前から裏側の駐車場へ 階段を下り甲斐駒ヶ岳を正面に歩き出します。
山梨県農業大学校長坂教場の前を通過します。
山梨県農業大学校入り口から5分ほどで「国蝶オオムラサキ自然観察路」の入り口に到着。中に入ります。
深沢川橋です。ここは、国蝶オオムラサキが飛んでいる姿を見ることが出来る場所の一つです。下見参加者の集合写真です。
シロバナイチヤクソウ(白花一薬草)
今日はカメラマンがいっぱいです。(笑) 皆さん、ご自分のホームページに使われるのでしょう?
正面は、鳳凰三山が見えています。右のネットはブルーベリーです。鳥などの被害に遭わないようにするためのネットです。本番にはたわわに実ったブルーベリーを見ることが出来るでしょう。
今日の八ヶ岳です。
田植えされた農道を気持ちよさそうに進みます。
T路です。ショートカットコースを進みますので右折します。曲がると正面に南アルプスの全景が見えます。
路です。「自然観察歩道」は、ガードレール側を右折です。
T路です。右折して下さい。曲がり角に「自然観察歩道」の案内板があります。
松食い虫にやられてしまった松林ですが、今は見晴らしが良くて南アルプス(右側)や金峰山(正面)が良く見えました。
民家の先は道路になっています。T路です。右折して下さい。車はあまり走らない道だそうです。生態観察園に向かいます。
ここが「生態観察園」です。お弁当はこちらで食べます。
日野春駅に到着。ここから小淵沢駅まで列車に乗って帰りました。長坂駅を10時半に歩き出し、オオムラサキの森で10分休憩。お昼は、「生態観察園」で食べました。休憩を入れて40分。日野春駅には13時50分に到着。列車は14時23分なのでそれまでお喋りをしながら待っていました。
このページのトップへ

ポレポレクラブ編へ
▲▲きママなウォーキングへ戻る