「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
仙人小屋の蕎麦ウオーク  2008年9月22日(月)雨 八ヶ岳歩こう会
最近、ウォークの例会が少ないのを気にして大泉のコースを作ってくれたお二人です。
八ヶ岳レジャーセンターから仙人小屋のキノコ蕎麦を頂きにウォーキング
今日は全員同じキノコ蕎麦を注文1,500円 参加者集合写真19プラス1(お蕎麦のみ)
八ヶ岳レジャーセンター〜仙人小屋〜ダイヤモンド美術館〜大勇水〜レジャーセンター
本日のリーダーは我らが文ちゃんとMさんです。二人で本日案内をして下さいます。先頭は大泉に住んでいらっしゃるMさん、アンカーを文ちゃんが担当。仙人小屋までの登り道を案内してくれました。お天気は生憎の雨ですがウォーキング大好き人間が19名集まりました。
ソバ畑も雨に濡れてしっとり♪
ラスト担当と愉しくおしゃべりを楽しんでいるケンさん
飛沢溜池に到着しました。雨足は結構強いです。雨合羽を着ていない方もここでしっかり着用。
飛沢溜池
希望者だけですが、飛沢溜池を一回り。
しばらく休憩しておやつタイム。
仙人小屋にむかって進みます。
静かな林の中を進みます。この道は何処に出るのでしょう?泉ラインに出ます。
ここは、歌手・藤あや子さんのギャラリー&レストランです。お休みだったのでお断りして雨宿りをさせてもらいました。水分補給とおやつタイム。
美味しいお菓子を頂いて元気百倍かな?
雨でなかったら真っ直ぐ進むはずでした。藪こぎは本日中止して左折。道路を進みました。
別荘地内を進みます。
やっと、高原ラインに出ました。
仙人小屋に向かってもう少し頑張ります。
仙人小屋に到着です。濡れたリュックや雨合羽、傘を入り口に置かせていただき中へ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
リーダーが参加者の人数を連絡してありましたのでお茶を飲んで暫く待ちます。
20人分のキノコ蕎麦が運ばれて・・・キノコたっぷりのお蕎麦を来た順番に頂きます。
おしゃべりに花が咲きます。事務局長は、仕事が出来たため、昼食のみ参加。
お忙しい事務局長は、集合写真撮影後お帰りに。
目的のキノコ蕎麦を頂き、これから下ります。
ダイヤモンド美術館ソサエティーに到着。休憩を兼ねて美術鑑賞させて頂きました。
美術館鑑賞を終え、次の目的地へ向かいます。
泉ラインに出ました。これから湧水に向かいます。八ヶ岳南麓には湧水がたくさんあります。これから向かう「大湧水」は一度も行ったことがありません。どんなところなのでしょう?楽しみです。
東洋海洋大学の敷地内に大勇水があります。リーダーが事前に手配をしてくれていました。
案内の通りに進むと・・・
大勇水が目の前に。湧水を使って魚を養殖しています。水が汚染されないように細心の注意を払っているため、フェンスの先にはいることは出来ません。
コンコンと濃き出る湧水
大勇水を昔から大事にしている大泉二つの部落が水神様を奉っている。お祭りもあるそうです。
昔から水はとても大切にされていたんですね、これからも汚さないようにしたいですね。
大勇水の水を引いてある場所で水を飲ませていただきました。美味しかったです。その後、この湧水を使って何をしているのか東洋海洋大学の方が丁寧に説明をして下さいました。
養殖場には白い魚がいたんです。何の魚か質問したらアルビノのイトウがいました。ここでは10種類の魚が養殖されていると教えていただきました。
お忙しいところお邪魔したのにも関わらず、私達に優しく丁寧に接してくれました。参加者からの質問にとても丁寧に答えて下さいました。有り難うございました。
八ヶ岳レジャーセンターに帰ってきました。本日の距離数ですが、リーダーにお聞きしたら10キロくらいとのこと。でも参加者で万歩計を持っている方にお聞きしました。そうしたら15キロになっていた方、12,5キロになっていた方も。私ですがGPSを持参したのですが雨でリュックの中に入れていたため、受信をしていなかった場所もあり、正確な距離は分かりませんでした。
このページのトップへ

八ヶ岳歩こう会編へ
▲▲きママなウォーキングへ戻る