「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
鬼無里・奥裾花水芭蕉ウォーク 2005年5月17日(火)快晴 八ヶ岳歩こう会
参加者集合写真
昨年、個人的に奥裾花自然園へ行きました。群生している水芭蕉、花は尾瀬より小粒ですが可愛い♪その景色の素晴らしさに感激して帰ってきました。今年、八ヶ岳歩こう会の皆さんをお誘いしたら沢山の方が参加申し込みを・・。初めは10人程度だと考えていた私達、一寸ビックリ!大型バスで行ってきました。運転手付きですから気が楽ですが乗車時間が長く疲れました。道が狭いので仕方がありませんが奥裾花自然園は遠かったです。(苦笑) 今回、参加された皆さん、お疲れ様でした。
谷の都・鬼無里(日本百景:奥裾花渓谷)樹齢300年〜400年のブナやトチの原生林に囲まれた奥裾花自然園は81万本余りの水芭蕉群生地で、尾瀬より大きく日本一を誇っています。奥裾花渓谷を散策すると自然の偉大さを感じとる事が出来ます。水芭蕉の群生は、昭和39年ごろ村の人たちが村有林の調査をしていて、偶然見つけたという。それまでは不帰谷といわれ容易に近づけない奥地でしたが、少しずつ整備され奥裾花自然園として、散策コースがいくつか出来てきました。今日は地元ボランティアの中村さんが私達を案内して下さいました。(最前列、左から5番目の男性です。)
鬼無里(きなさ)と言う名前の伝説:
その昔、この地には京の都から配流された紅葉という女性がいました。里町は何かと京を懐かしむ紅葉の心を察してこの地に加茂川、東京、西京、高尾、二条、四条などずれも平安の都から名をとった地名をおき、紅葉を慰めました。しかし紅葉は、やがて悪者達に担がれて盗賊の首領となり荒倉山に移り住み、旅人を襲っては豪勢な暮らしをするようになりました。人々は紅葉を鬼女と呼ぶようになり、その噂は遠くの京の都まで知れ渡りました。朝廷は平維茂に鬼女征伐を命じ、苦戦の末、ついに紅葉狩りを果たしたと言われています。それまでは水無瀬と称していたこの地は、以降鬼の無い里、すなわち鬼無里と呼ばれるようになったと言うことです。(鬼無里観光振興会パンフレットより)
往路:小淵沢 7:00出発 → 長野自動車道長野東IC(9:15) → 奥裾花自然園 11:15到着
復路:奥裾花自然園 15:00出発 → 鬼無里の湯 → 豊科IC → 小淵沢 20:00着
今池湿原 ブナ林と水芭蕉の群生
今年は遅霜のせいで水芭蕉が少し痛んでいたようです。
よく見ると水芭蕉も形が違いますね。
樹齢を見ると・・200年、300年、350年・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集合6:45 今回は大型バス利用 遠足気分で・・
スパティオ小淵沢 丸茂観光 出発〜バスの中では・・
旅の駅で休憩 奥裾花大橋 奥裾花渓谷
Tさんのストレッチ体操 シャトルバス→自然園へ 戸隠西岳連峰
ボランティアガイドの中村さん 説明を受けながら・・ 新緑を愉しんで♪
今池湿原の木道 水芭蕉を見ながら・・ 残雪・・滑りやすかった!
案内板 楽しくお喋りウォーク♪ Uさん、ビデオマン
戸隠西岳連峰です。 帰り道でオオルリに! 温泉に入って♪
帰りのバスの中では子供のように大はしゃぎの皆さん♪
これで奥裾花水芭蕉バスハイクのレポートは終わります。お疲れ様でした。
奥裾花水芭蕉ウォークのフォトアルバムはこちらです。
このページのトップへ

八ヶ岳歩こう会編へ
▲▲きママなウォーキングへ戻る