イラスト 「八ヶ岳歩こう会」「八ヶ岳自然クラブ」のメンバーです。
タイトル
誰が言い出したのでしょうか?マラソンウォ−ク(42.195キロ)八ヶ岳歩こう会初挑戦の40キロ。八ヶ岳の南麓4町村を歩きました。途中参加OK、途中リタイアOK、標高差500mはあると思われるコースに何人参加するのでしょうか?私の予想では、「5〜6人位かな?」と思っていたところ以外に多くの方が参加されました。そして、どんなコースを歩くのか興味も!健脚な3人が下見した時には、アップダウンの43キロを10時間半かけて歩いたそうです。本番は、ハードな場所をカットして40キロに!私は写真班なので歩いた距離は少ないですが一緒に楽しませて貰いました。
小淵沢駅スタート(午前7時)〜金生遺跡〜ビオトーブ〜井富湖〜甲斐大泉駅〜吐竜の滝〜清里現代美術館(昼食)〜大門ダム(清里湖)〜長坂駅ゴール(午後4時15分)
マラソン体感ウォーク八ヶ岳40k(小淵沢・長坂・大泉・高根) 2003年9月17日 その1
今回、本格的なウォーキングでユックリ写真を撮る余裕なし、植物写真は3枚。

大泉村からの景色 八ヶ岳 金生遺跡 八ヶ岳
高根町からの景色 八ヶ岳 高根町からの景色 八ヶ岳
大門ダム(清里湖) 大門ダム(清里湖)

私は甲斐大泉駅から合流しました。小淵沢駅から甲斐大泉駅までは約16キロだそうです。
最初からの40キロ参加者は10人、途中参加者と伴走車担当を入れると21人でした。
大泉駅から吐竜の滝へ向かいます。いつものようにノンビリ歩いていられません。私、これでも早歩きをしているのですが、先頭はもう見えなくなりました。先頭グループは、時速6キロほどの早さのようです。
先頭をやっと見つけました。時速6キロくらい?で歩いているようです。甲斐大泉駅から吐竜の滝まで追いつこうと何度か挑戦しましたが駄目でした。ここは上り坂です。皆さん黙々と歩いています。無駄なお喋りなどしていません。早い、私が正面から写真を撮ろうと早歩きをしても追いつきません。私の足が短いから?皆さんとコンパスが違うからか?なかなか追い越せなかった。情けない!息が切れるばかりなので諦め、後ろ姿だけ写真に納めました。(汗) ふ〜、ははは・・。
第二グループです。こちらからはお喋りの声がしていました。だからといって歩き方が遅いわけではありません。こちらは時速5キロくらいの速度で進んでいましたよ。ですから「甲斐大泉駅」から「吐竜の滝入り口」まで約1時間ほどで通過。お昼予定の「清里現代美術館」へ向かいました。
さぁ〜、お弁当の時間です。一番楽しみな時間でもあります。お弁当を広げる前にカメラを向けたら素敵な笑顔が返ってきました。それでは三人の愛称をご紹介しましょう。右側から“八ヶ岳歩こう会の”「りんどうさん」「ひまわりさん」「やまゆりさん」です。ご本人は照れていらっしゃいましたが良い名前でしょう?事務局は、ご自分のHPで、なにやらおかしな名前を紹介していましたね(笑)。
ペンション仲間で八ヶ岳歩こう会のメンバーです。P・風路さんは私に歩くきっかけを作ってくれた大切な方で、良き友人です。ご夫婦で山歩きもなさいます。何処かの山で会うかも知れませんよ。
精鋭軍団?最初から歩き通している10人の健脚な方々です。小淵沢から清里までは延々と登りばかりでした。ここからは下りが続きます。登り道でも6キロの早さだったのですから、これから先の下り道は、ますますスピードが上がるのでしょうか?
先頭グループを写すには車で追いつかなくては間に合いません。先回りしてシャッターチャンスを狙いました。写しているうちに私を追い越していきます。びゅ〜ん!!
ほらね、もう追い越されました。それでは先回りして次のカーブで待ちましょう。「た、た、た、た、た、た、」「さ、さ、さ、」「すた、すた、すた、」足並み揃っていますでしょう?
誰が追い越すわけでなく淡々と・・。 ただ黙々と・・。 これが本当のウォーキングなんですね?いつも私が歩いているのはウォーキングとは言えないのかも知れません。反省!!!でも、私は楽しみながら歩きたい。大会に出なくても八ヶ岳の里山を歩くだけで楽しいし満足出来る。
ほら、楽しそうでしょう?私のウォーキングもお二人と同じ。軽やかに全身で喜びを感じているのが分かりますか?自分なりの楽しみ方があるはずです。競歩を楽しむ方もいればウォーキングを楽しむ方、自然と友達になりながらウォーキングすれば笑顔が!
イヤー、余裕ですね〜、伴走車にも乗らず、マイペースで頑張っていますね。
最初から歩かれている頑張りやさんですが、流石に先頭グループからは離れてしまいました。それでも足取りは確かです。自分のペースがあるのでしょう?多くの大会に参加していますから経験が物を言うのかも知れません?
散策を楽しみながら?ラストでウォーキング中。遅くなりすぎた仲間は伴走車が拾って進みます。
伴走車で暫く待っていると・・先頭グループの到着です。その後次々に到着。
木陰で休憩中。水分補給は勿論ですが、飴やチョコレートの差し入れに、皆さんニッコリしていました。かなりの距離を歩いてきましたから体が甘い物を要求しているんでしょうね?
右の方がインターネットを見て参加して下さったOさんです。お住まいは、勝沼ですって?八ヶ岳歩こう会入会を勧められていましたが笑っていました。一寸遠い?日歩協(日本歩け歩け協会)の正会員とか・・。やはりそうだったのですか〜、歩き方が違いましたものね。さすが!機会があったらまた参加して下さい。
長坂駅前通に入る前に一休み、コースリーダーから「毅然とした姿で歩きましょう。」疲れているのでしょうが?皆さん、まだまだ元気!
コースリーダー先頭に一列になって長坂商店街を歩いて駅に向かいます。長坂駅に到着したのが16時15分でした。予想では到着時間が18時半頃だったらしいですよ。さすが健脚な皆さん、お見事でした。パチ、パチ、パチ・・・。 お疲れ様でした。ユックリ休んで体を労って下さい。次のページにはもう少し詳しくコースの説明を載せましたのでご覧下さい。
このページのトップへ  次のページへ

八ヶ岳歩こう会編へ
▲▲きママなウォーキングへ戻る